着ぐるみのバイトで小6の男の子が胸を触ってきたことに興奮して…

私は学生時分着ぐるみのバイトを短期でやったことがありました。
バイト中着ぐるみを着てグッズを渡したりしていると、掴んだりしてくる子の中に一人胸を押してくる子がいることに気づきました。一応私はそこそこ胸あるんですが、着ぐるみは分厚いしふかふかしてるので、胸の感触なんてきっと分からないんじゃないかなと思うにとどまりました。でも執拗に触ってこられるうちに、着ぐるみという匿名性が手伝って、なんだか衆目の中胸を触られているということに興奮している私がいました。
バイトが終わって、店を出るとその胸を触っていた子がいて、私に話しかけてきました。
「あのぉ、着ぐるみ着てた人って誰ですか?」
と、店の中に残っている人を指差しました。
「ん?なんで?」
「いや、別に誰かなぁと思って」
「着ぐるみは私だよ」
「え、ごめんなさい」
「なんであやまるの?」
「な、なんでもない」
と言ってその場から立ち去ろうとしました。




「待って!」
私は反射的に肩を掴んでしまいました。
店の前だったのでとりあえず裏の公園に連れていきました。
弾みとはいえ引き止めてしまったので、胸を触っていたことを含め色々問いつめてみました。すると、胸を触っていたのは身長的に女だと思ったかららしく、それを確認するため着ぐるみを着ていたのは誰かを聞いたということが分かりました。
「え~、エッチだね」
「…」
なんだか意地悪したくなり、いいスペースがあったのでそちらに移動。
「ねぇ、オッパイ触ってるときオチ○コおっきくなった?」
「…なってない」
「うそだぁー」
私は彼の手をとり胸に当てました。手を引こうとはするけど嫌ではないという微妙な感じでしたが、興味が勝ったようでパーだった手が私の胸に沿った形に変わりました。もちろん股間はムクムクと。
「ほらー、大きくなってんじゃん!」
彼は恥ずかしがりながらも少し開き直った感じで、私が手を離しても普通に胸を揉んでいました。
「ねぇ、まだ小学生って言ってたよね?」
「…うん」
「もしかしてオナニーしてる?」
「…」
もしオナニーを知らないなら、オナニーって?と聞くはずなので、だんまりだった彼は有罪と判断しました。
私は不意をついて彼のハーパンに手をかけてずり下げました。とっさに彼は腰を引きズボンを上げました。

「ねぇ、見せてみてよ?」
「な、なんで!?」
「どうなってるか直接見てみたいから」
「いやだよ!」
「えー、人の胸触っといてズルくない?」
「…」
「じゃあとりあえず見せなくていいから、このまま少し触らせて?」
「…」
私は彼の股間に手を当てさすりながら感触を確かめました。
「小学生でも勃起するもんだね、カチカチじゃん」
「………。もう一回触っていい?」
「え?あ、うん、いいよ。」
彼が手を伸ばし再び私の胸に触れました。
「ねぇ、オッパイ見てみる?」
「え、見せてくれるの?」
「いいよ、ボタン外して?」
少し間があってから、彼はブラウスのボタンを外し始めました。
「なんか恥ずかしい…」
「恥ずかしいのは私じゃない?」
ブラウスのボタンが外れたので私はブラのホックを取りました。
「いいよ」
彼は恐る恐るでブラに触れて持ち上げました。
「うわぁ…」
思わずといった感じで声をあげ、しばらくの間ジロジロと忙しく目を動かしていました。
「触ってみてもいいよ」
ブラを持ち上げたまま硬直していたのがなんか面白くて、笑いながら言いました。
彼が胸をいじってる間に私も、彼のハーパンの中に手を入れ直接触り始めました。腰を少し引いてたけど観念したようでした。
「乳首って本当に気持ちいいの?」
「うん、気持ちいいよ、固くなってるでしょ?」
「うん…声とか出ないの?」
「人に聞こえたらヤバいでしょ?」
「じゃあ本当は出したいの?」
「まぁ…少し我慢してる感じ。ねぇ、触りにくいから少しズボン下ろすよ?」
私はズボンから出したオチ○コをゆっくりしごきました。
「乳首は舐められる方が好きかも」
彼は一回唾を飲み込み、ベロンベロンと大きく舐めてきました。次第に吸い付く形になり、息を荒立てながらむさぼっていました。
「う、うぅ…」
私も感じていた為、無意識に手コキのスピードがあがっていたらしく、彼は絶頂を迎えようとしていました。
「出ちゃう?」
私が避けて彼と横並びになるのとほぼ同時にビュビュッと勢いよく地面に精子が飛びました。
「わぁ、ちゃんと出るんだ」
恥ずかしそうにしている彼のオチ○コをズボンにしまい、私も服を正しました。触れませんでしたが、実はちょこちょこと人の声がしたりと危ない場面があったので、この辺が潮時だと思い退散することにしました。一応お互いに内緒にしとくことを言いあってお別れしました。エッチしちゃった話は気が向いたら書きます。


もっとエッチな動画はこちら
官能小説ランキング

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

コメント

タイトルとURLをコピーしました