マッサージ師に露出して…指が徐々に私の割れ目深くへ…

仕事で福岡のビジネスホテルに泊まりました。
深夜マッサージをお願いして、来てくれたのは50代くらいの男性。
ホテルのパジャマ?(長いシャツみたいなの)の下はノーブラノーパンでマッサージしてもらいました。
横向きで肩から背中、腰とマッサージされてお尻までいくと、私がノーパンなのがわかったと思います。
反対の横向きにされて同じように肩からお尻までいったときに激しくお尻をもまれ、あそこが疼いてきました。他人の妻たち~エッチな体験談~

その後うつぶせにされて脚を下から上へ。
太ももの裏をされているときはもう濡れ濡れになっていました。
マッサージ師さんはパジャマをめくって持ってきたタオルを私の脚に掛けてもんでいましたが、
太ももに来た頃には親指を内側に入れてあそこをかするように動かしてきました。
ビラビラに触れられてもっと辱めてほしくなりました。
その後、仰向けで、恥ずかしかったのでバスタオルを自分で顔に掛けました。
脚も少し開いてあそこを弄られやすくしていました。
マッサージ師さんの親指がだんだん深くあそこに食い込んできて、ついには入れられてしまいました。
くちゅくちゅと恥ずかしい音が室内に響き、心の中では「もっとして・・もっと恥ずかしい格好にさせて・・」と叫んでいました。
声も我慢できず「あんっ・・あっ・・」とよがり、自分から膝を抱えてあそこを丸出しにしたい気持ちを抑えるがやっとでした。
くちゅくちゅという音がジュボジュボと変わり、クリトリスまでこすられて私はいきました。
マッサージ師さんに「欲求不満の淫乱女」とか「変態女」とか思われているだろうと思うと、たまらなく感じてしまいました。
最後にまたうつぶせで背中からお尻を軽くマッサージされて終わりました。
終わった後、マッサージ師さんが「ちょっとお手洗いをお借りします。」と言って、私のあそこで汚れた手を洗っているのがとても恥ずかしかったで
す。官能小説ランキング

終始いやらしい言葉は言わず、あくまでもマッサージをしている、されているというスタンスでしたが、それがまた興奮させられました。
またいつかこんな体験をしたいと思っています。えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

コメント

タイトルとURLをコピーしました