処女なのにマッサージで陰核を刺激され逝った陸上女子大生です

陸上の強豪大学で短距離やってます。専門は100です。

女子大生な私が、あまりの体の疲れで
初めて出張マッサージを頼んでしまいました。

きてみると案の定4、50歳くらいのおじさん。

雑誌にのっていた所だったので
危ない事はないだろうと思いながらうけていました。
服装もあちらが持って来たチョッキのようなものを着たままでした。

けれど男性経験のない処女な私には、
男の人に体をマッサージされるというだけでとてもドキドキ
他人の妻たち~エッチな体験談~

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル
あちらにもそれが伝わったようで緊張しなくていいよと
何度も言ってくれました。

緊張のままあまり会話もなくなってきたので、
私は目をつぶり眠っているようなふりをしていました。

先生はここがこってるなど独り言を言いながら、マッサージを続けていたのですが、気付けばなんとなく胸のまわりばかり集中して、やっている感じがしてきました。 

でも私は目を開けれず寝たふりをしていたのですが、胸のあたりばかりするのでチョッキもだんだんとはだけていっている気がしました。


起きたほうがいいかと考えていると、先生の手が直接胸にあたったのがわかりました。

今さら起きる事もできずにいましたが胸はドキドキと鳴っていました。

いつの間にか先生の独り言もなくなって、先生の息も少し荒くなっていました。私も我慢しようとしても、少しずつ呼吸があがってすると先生は普通にマッサージするように胸を直接マッサージしはじめました。

だまっていた先生も、だんだん気持ちよくなるからねーとまた独り言を言い始めました。

私は恥ずかしくて目を開ける事も返事をする事もできませんでした。

すると先生のマッサージする手がだんだんと下がってきてパンツの所にきました。

そしてしばらく太股のあたりをマッサージしていましたが、私がまだ目をあけないからかその手がだんだん下着の真ん中の所にきました…


私はもう頭の中はどうしようという事でいっぱいでした。官能小説ランキング


そうしていると先生が私の足を軽く開きました。
そのままあそこをゆっくりなではじめました。

私は必死で呼吸を落ち着けようとしましたが、どうしても息があがっていました。

そのまましばらくそこをマッサージしていたのですが、急に先生のゆびが下着の間から入ってきました、そしてそのまま中をいじりはじめました。

私は、体に電気が走ったみたいに気持ちよくなってしまいました。

先生は、息があがったまままただんだん気持ちよくなってくるからねと、独り言を言っていました。
そしてそのままずっといじられて指だけでいかされてしまいました。

そのあと私は恥ずかしくてまともに先生の顔を見る事もできませんでした。えっちなドラえもん

コメント

タイトルとURLをコピーしました