マッサージで直接 触れるか触れないかの…

保険関係をしている先輩と飲んだときに、マッサージの話題で盛り上がり、私もやってもらってるんだけど絶対、無理にしないから試してみる?ということで、昨日、すごい勇気を出して会ってしまいました。お年は36歳だって言っていました。明るくて楽しい方でした。場所はホテルでしてもらいました。最初にお風呂に入ってからだをほぐしてくださいといわれました。

下着は着けて下さいという事だったので、ブラとパンティをつけて、バスタオルを巻いてお部屋に戻りました。お部屋は明るくて、静かな音楽が流れてました。先生はボタンダウンにズボンいうさわやかなスタイルで、がっちりとした体型です。これから始まると思うとドキドキして、すごく緊張してました。先輩からはいろいろ聞いていたので、ずいぶん安心した状態になったなあと思いました。

 しばらくたのしいお話をしてリラックスさせてもらってから、マッサージが始まりました。ベッドの上にうつぶせになり、まずは足首あたりからゆっくりと、下から撫で上げるようにふくらはぎのあたりを手のひら全体でほぐすようなマッサージです。足の裏も指圧のように揉み解してくれます。指先がひざの裏からももの裏側へ来るたびに感じるというよりも、さすがにマッサージのプロっていう感じで美味いなあと関心させられました。えっちなドラえもん




「そんなに硬くならなくていいですよ、もっと楽にしててください」時々優しい言葉をかけながらのマッサージです。足の部分が終わってからは、腕の部分のマッサージです。うつ伏せなのでよく分からないのですが時々私の手が先生の内ももに触れているようです。肩の部分も優しく揉まれ、先生の手が滑るように背中から肩のあたりをマッサージしてくれます。

「少しオイルをつけていいですか」とおっしゃって、手のひらにオイルをつけて背中のマッサージが始まりました。「タオルを取りますね」バスタオルを取られ背中全体を優しく、そしてときおりクイクイと親指で筋肉をほぐしてくれます。「ブラを外しますね」今度は背中全体を大きく撫で、腰のあたりに指が這ってきたとき「あっ」と声を上げてしまいました。

 静かにやさしく両手でオイルをすり込むようなマッサージです。先生の身体は頭の上のあたりにあるので、顔を上げれば先生の股間を見ることができますが、恥ずかしくてずっと横を向いて受けてました。先生は身体をずらし私のふくらはぎをまたぐような格好になり、今度は下半身のマッサージです。両ももの裏側を下から揉むようにしてお尻まで、ゆっくりとマッサージをしてくださいました。


 親指がももの内側の付け根の部分を押すので、アソコがジットリとしてくるのがわかります。たぶん先生からはパンティの股間の部分が濡れているのがわかってたと思います。「仰向けになってもらえますか…ブラは外しますので」もう先生の言いなりです。まずは足からで片方に膝をグイッと広げるようにして股関節のあたりを優しく撫でてくれます。もうアソコは濡れてます。女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

 思い切ってパンティも脱がしてくださいと言いたかったのですが、静かにマッサージされてるので任せました。先生のショートパンツの前が大きく膨らんでいます。股間を手のひらでグリグリされると、パンティがよじれてアソコを刺激します。直接触ってほしいのですが、触ってもらえません。恥骨の上を揉まれた時はさすがに「あぁ…」と声を出してしまいました。

 先生はまた静かに優しくしてくれました。まずはオッパイを円を書くように揉まれました。乳首はもう立ってます。先生の指の腹がその乳首に触れます。全身に電気が走ったように感じてしまいました。乳首を摘み優しく引いたり回したりしています。乳輪の部分も指先で撫でてくれます。新婚の時は優しく愛撫してくれた旦那も今ではほとんどしてくれないので、それだけでいきそうになり身体をくねらせてしまいました。


 5年ぶりぐらいの快感です。乳首を揉まれながら片方の手で、パンティの股間の部分を擦られました。「先生、直接…」先生は静かにパンティを下ろし、私を全裸にしました。先生の柔らかい指が濡れたアソコを愛撫してくれます。私は思わず先生の股間に手をやり撫でまわしました。もうカチンカチンでした。その後はもう、たっぷりと愛撫され、何度も指でいかされました。

 今日はこのくらいにしましょうか・・・「ああ、はい」本当はもう少しやってほしかったのですが、いっちゃったこともあって、まあいっかと「ありがとうございました」と答えました。最後まで先生は紳士的で、先輩の言ったことは本当だったと改めてびっくりしました。本当にこんな方がいるのかという感じです。

 料金はホテル代+2,000円でいいということでした。安全日にまたマッサージをお願いしようと思ってます。こんなすばらしい先生がいらっしゃるなんて知りませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました