陰核ぎりぎりのマッサージで焦らされてる気分になり…

何度か行ったことのあるお店で、この前初めて男性のマッサージ師に当たって、全身をマッサージしてもらったのですが、足の付け根ぎりぎり・・というか、ほとんど局部のつぼを押されてびっくりしました(気持ちは良かったんだけど・・恥)驚いて思わず見ようとしたけど、眼にはタオルのせられてて・・

 眼にタオルのせるお店確かにあるけど、ここのお店では今までのせられたことなかったのに。その後のお尻や胸のマッサージも、どう考えてもいつもより時間が長く。でも私は特別ナイスバディでもないのに、考えすぎかなって思って、最後まで何も言えなかったです。

それに正直マッサージは上手くて気持ちよかったし。。今でもあれはどうだったのかなと考えてもう行きたくないような、行きたいような・・。前回と同じ男性マッサージ師を指名して、ノーブラで施術してもらった報告です。前回は足つぼ&上半身60分セットだったんだけど、今日は全身60分コース。

 まずうつ伏せで上半身からマッサージされたのですが、腕の付け根・・・腋の下あたりを揉まれたときに。親指部分?でつぼを押されるのだけど、使われてない他の指が、さりげにその下の乳房にあてがわれていて、指の先が乳首に届くか届かないかのところまで伸びてきました。えっちなドラえもん




 後ろから乳房をわしづかみにされている錯覚に陥って、あえぎそうになるのをおさえるのに必死でした。その後、仰向けになって、首の下から胸まわりを時間をかけてケアされました。つぼを押されるたびに、Eカップの胸がゆさゆさ揺れるのが、タオルで眼をおおわれている私にもわかって、恥ずかしかったです。

 さすがに乳房のトップを露骨に触ることはなかったのですが、けっこう執拗に、おっぱいを揺らされましたw そして乳首には、時々何かがつんつん当たるのが感じられました。彼の指なのか衣服なのかタオルなのか、偶然なのか故意なのか全くわからず、すっかり感じやすく敏感になっているのに、あまりにももどかしく、

 いっそ、正面からわしづかみにして揉みしだいてほしい・・!と思ってしまいました。もうこの頃には、心も体もとろとろでした。最後に下半身をマッサージ。今日も足の付け根をしっかり揉んでくれました。まず左足の内側をふくらふはぎのあたりから、くいっくいっと、つぼを押しながら指が上ってきます。


 足の付け根にたどりついて、もうここまででしょう!と思っても更に上に、くいっ。 いくらなんでも限界よ~もう局部だよ~~!と思っても、更に深みに、くいっ。前回のことがあるから充分覚悟(期待?)してたつもりなのに、記憶より以上に、やばい位置を押されて、思わず「あっ・・はぁっ」と、自分でも驚くくらい、いやらしい声が出てしまいました。恥ずかしい!

 次に、指は右足に移り、今度こそは声を出すまいと緊張しました。ほんとうに、付け根というより、秘部ぎりぎりまで刺激されて、うずいて震えるのをおさえきれずにいたら、最後に本当に衣服ごしですが、「そこ」に指を入れられるのをはっきり感じて、

 私はものすごく切なげな深いため息を、思わずもらしてしまいました。あー!と思ったときには、ピピピピ・・とタイマーが鳴り時間切れ。マッサージが終わっても、感じまくった自分が恥ずかしくってマッサージ師さんの顔を見ることができませんでした。 女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

 でも、彼の股間を見たら、明らかに膨らんでいました・・! エロマッサージ師&淫乱客か!と思うと、さらに恥ずかしくもあるけれど、ひとりよがりの快感でないことがわかって、とても嬉しかったです。長文ですみません。 こんなこと、女友達にも話せないから・・。キーを打ちながら思い出して、また体が火照ってきましたw

コメント

タイトルとURLをコピーしました