北海道の被災者の皆様 暗い夜は外出は危険です

北海道大震災の被災者の皆様
心よりお見舞い お悔やみ申し上げます。
いち早い復旧を願っております。

私の震災の体験談です。
震災の夜 冒険心が湧きますが
気を付けて下さい。

以前大好きだった彼が移動で地方へ飛ばされ

、失意のまま連日オナッてばかりいて、それ


を大嫌いな同僚に見破られ、1人酔いつぶれて


いた夜に、その彼のアパートへ連れていかれ


、激しく抱かれた事を投稿しました。


日の夜、交通機関が全てストップして


しまい、帰宅難民となった私は会社近くの


駅で呆然としてました。何気に右方向を見る


と、あの大嫌いな男が車で私を迎えにきて


ました。えっちなドラえもん
 


私は必死にその場を逃げました。全速力で


路地へ逃げ込み、彼を巻こうとしたんです。


あの渋滞の中、彼のRV車は、巧みに路地へ


入り込み、ドアミラーがスレスレで私を


追ってくるんです。


今夜は彼に抱かれたくない別の事情もあり


私は必死でした。


そうこうしてるうちに一方通行の袋小路


みたいな場所に出て、逃げ場がなくなって


しまいました。


ヘッドライトが背後に迫ってきて、すうっと


右側に停止し、左側のドアが開き、彼の太い


左手が私の全身を引きずり込みました。


何で逃げるんだと彼は怒気を込めて


言いました。次の瞬間、大きな顔が迫り


唇を激しく吸われました。


かなり長いキスをされ、身をよじって逃げ


ようとしましたが、ビクともしません。


そして彼の右手がスカートに。私は大声で


止めてと、叫びましたが、時既に遅し


で、いつもの感触との違いを直ぐ察したのか


、ニヤリと笑い、意にも介さず、手を突っ込


んできました。


通行人がかなりいる中、そのまま彼の太い


指で往かされてしまい、グッタリとして


しまいました。


あの大渋滞の中、彼は裏道を駆使し数分で


彼のアパートへ着きました。


抵抗も出来ず部屋へ連れ込まれ、速攻で


上半身を裸にされました。太い芋虫の様な


指がブラのホックを器用に外し、スカート


をまくられて、大開脚され、そこに顔を


埋めてきました。愛しそうに匂いを嗅いで


ます。


本当にいやらしい男です。ショーツを剥ぎ取


られると、ナプキンも一緒に取られました。


タンポンの紐を引き抜かれ、再び長いクンニ


攻撃で責められ、何度も往かされました。


彼の太いペニスは、ピストン中に径血が滲み


だすと、より硬度を増しました。


テレビは津波の惨状を映してました。


この夜はいつも以上に激しく責められまし


た。


生理が終わったら直ぐ孕ませてやると、


彼がいやらしく笑っていました。
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

コメント

タイトルとURLをコピーしました