高校教師ですが居酒屋で男子高生をナンパし童貞を…2

彼がクンニを止めて、「入れたい…」と言うので、「ちゃんと付けてね」と言うと、彼は頭の上のコンドームを取って慌しくつけると、私におおい被さって来ました。




彼が挿入しやすいように、少し腰をあげてあげると、彼のものが一気に入って来ました。




期待していた童貞クンのペニスが入って来た快感で私は思わず、「あぁ~ん」と言う甘えたような声を上げてしまいました。




彼は挿入してからは、エンジン全開で激しく腰を動かして来ます。




彼の激しい突き上げに私は、大きな喘ぎ声をあげながら悶えていました。




「あ、イキそう…」と思った途端、彼が「うっ!」と言って出してしまったんです。




久々の生殺しでした(^^;)

「イっちゃった?」私が聞くと、彼が「早かった?」と不安気に聞くので、「ううん、大丈夫よ」と答えておきましたが、不完全燃焼の体はかなり欲情のくすぶりが残っていました。




「どうだった?」私が聞くと、彼は「もう最高!梨花さんみたいな女の人で経験できるなんて」と高校生らしく?素直な表現で喜んでくれました。




しばらくお互いの体を愛撫しあいながら喋っていると、早くも彼のものが硬くなって来ました。




「また、したい?」




私が聞くと、彼は発情した顔で「ウン…」と言いました。




「今度は私がしてあげる」そう言うと、私は彼のものを口に含みました。




彼のものをしゃぶりながら激しく頭を動かすと、彼は「うっ…うっ」と腰を浮かせるように突き出して来ます。




私は彼のものから口を離すと、袋の周りを丹念に舐めながら、唾液に濡れた亀頭の部分を指先で刺激しました。




「もっとイイ事してあげる」私はそう言うと、彼にうつ伏せになるように促して、お尻の部分に舌を這わせました。




「どう?」私が聞くと、「うん…気持ちイイ」素直な言い方が気に入ったので、「じゃぁ、もっと…」そう言って、彼のアナルに舌を這わせながら、ペニスを手で刺激してあげました。




彼は、もう何も言わずに私のなすがままになっており、時折ピクッピクッとしていました。




「シックスナインしてみる?」そう言って、彼の顔の上にまたがりました。




 




さっきのセックスでくすぶったままの状態だった私は、少し舐められただけで、体がビクンンビクンとしてしまいました。




彼のペニスを舐めていると、先端から凄く酸っぱい味がして来ました。




彼はたまらなくなったみたいで、「あんまり、されると口だけでイッちゃいそう…」と言うので、私が自らベッドの上に有ったコンドームを被せて、女性上位で彼のものを受け入れました。




「あぁ…気持ちイイ…」私はゆっくりと腰を動かしていましたが、「あ、出そう!出そう!」彼はそう言うと、あっさり発射してしまいました。




彼は、アナル舐めされている時にも何度かイキそうになっていたのを我慢していたそうで、「早くてごめん…」と少しうなだれていました。




「早くてゴメン…」彼が少し申し訳なさそうに言うので、私は「まだデキるでしょ?またしよう」と言いました。




 




若いだけあって、ベッドで話しながら愛撫し合っていると、また彼のものが硬くなって来ました。




「何回でもデキそう」彼は、そう言うと私におおい被さって来ました。




「ゆっくりとしたキス…大分余裕が出てきたようです。乳首やアソコへの愛撫も丁寧…私は、一気に昂まって来ました。




彼が、ピチャピチャと音を立てて私のアソコを舐めているのを「もう…来て」と促しました。




彼は、手際よくコンドームを装着すると、一気に挿入して来ました。




挿入した途端に動きを速めるので、「もっと、ゆっくりでいいのよ…そう、そこ」と教育的指導をしながら、彼のものの感触を味わっていました。




私は、彼のゆっくりした動きに一気に快感が上昇して来て、思わず「もっと、もっと突いて…」と言い、彼もそれに合わせて腰の動きを段々速めました。




「あーっ!あーぅ!」私はますます感じてしまい、彼のお尻に爪を立てながら自分の方に引き寄せるようにしていました。




「あーっ!もっと、もっと突いて!…イキそう!イキそうよ!」私は一気に昇りつめました。




彼の腰の動きがさらに激しさを増した時、私は宙に投げ出されるような感覚になり、大きくのけぞったままオルガスムスに達していました。




 




「イッちゃったよ」私が言うと、彼は嬉しそうに「本当?」と言いました。




「ウン、イッちゃった。花丸あげる」そう言って彼にキスしてあげました。




結構、カワイイ子なので、次回のデートの約束をして、携帯の番号を教え合いました。




その後、彼とは2回逢いましたが、2回ともセックスしたのは言うまでもありません(笑)




今のところ、弟のようなセフレって感じかな?(笑)




K美とR子の2人も勿論しちゃったのですが、二人共、童貞では無かったそうで、むしろ「意外に上手だった」そうです。




N君は、田舎に居る私の下の下の弟と同い年なので、なんか弟みたいにカワユイ気がするので、しばらく可愛がってあげようかと思っています(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました