東京青梅が40℃を超えた日、息子との背徳な関係に…

私37歳、夫40歳、子供高2で17歳の女の子、中3で15歳の男の子の4人家族です。



いわゆるできちゃた婚で結婚しました。



結婚生活18年目だけど、家庭は円満だと思います。



私はエッチ大好きです。夫も最初の頃は、毎日の様に抱いてくれてたのに、年々回数が減っちゃて、今年なんて月1がいいとこで、家に1人の時はオナニーを思わずしてしまいます。



お酒が入ると無性にエッチがしたくなる時があって外で友達と飲んでりして、近くの男性と仲良くなるといつの間にかホテルなんて事も度々あります。



浮気ですね、


えっちなドラえもん


夫以外と10人以上としちゃたかな…



エッチに関してはどうしようも無い女です。



子供とも関係しちゃうなんて、、、



息子は受験生、週末は友達の家に泊まりで勉強に良く行きます。



東京青梅が40度超えたとある暑い日も出掛けました。



娘も友達と遊びに行くと明日の夜まで帰らないからと、



土曜日の夜久しぶりに夫と2人きり。



晩酌して、お風呂まで一緒に入って、私は、思い切りオチンチンしゃぶって、2人とも燃えちゃいました。



寝る前に、夫が明日の朝早く出掛けるけど、お前はゆっくり寝ていろと。



10時頃目が覚めて、私は全裸のままでした。



その事でとんでも無いことに…



息子から写メが送られて来て、月曜日は女性の乳首のアップで。



学校から帰って来た息子に



「何よ、この写メ」



「今日から一枚づつ送るから、楽しみにしててよ」



火曜日は、片方のおっぱい。また帰って来た息子に、



「何なのよ、これは」



「いいから、土曜日まで何も聞かずにいてよ」



水曜日に両方のおっぱい、どう見ても私の胸です、息子は何も無い顔して



「何も聞くなよ、土曜日になれば解るから」



木曜日は下半身、どう見ても私です。



金曜日は、足がM字に拡がっていてオマンコ丸写しで、



土曜日には、顔までわかる全裸の写メが誰が見ても私だとわかります。



もう一枚、勃起したオチンチンの写メが、



文面も付いていて



「お母さん、俺もう我慢出来ない、毎日これみてオナニーしてんだ、お母さんがあんな格好で寝てるからいけないんだ、やりたい、入れてみたいよ、今日、お姉ちゃんもお父さんも帰るの遅いから、ダメなら、家に居ないで下さい、お願い」



はっきり言って、OKです近親相姦。



あの子が求める…



帰って来て私が居るのかわかると



「良かった、お母さん居る。怒ってないの?俺の事変な子供だと思わないの?」



「良いのよ。本当にお母さんで良いの?後悔しても知らないわよ?この前の日曜日に撮ったの、私が悪いよね」



「そうだよ、あんな格好で寝てるから、部屋が暖かくて何にも掛かって無いし、1時間位見てた、その間に足が開いたり閉じたり。ちょっと、おっぱいとあそこ触って、写メ撮ってたら我慢出来ずにオナニーしちゃて、射精したら何だか虚しくなって、家出て行っちゃった。少しして写メ見てたら、また起ってきて、どうしてもお母さんとしたいと思うようになちゃて、あんなこと始めて…」



「わかったから。お母さんは大丈夫、あの日オナニーなんかしないで、入れられても構わなかったけど、写メ見てビックリ。大人に成ったね、オチンチン見せてごらん。気持ち良くしてあげるから」



子供の名前は大輔です。



私は大輔のズボンを下ろすと、勃起してるのが直ぐにわかりました。



パンツを下ろすとピンク色したカリ、ビンビンに勃起していて、握ると硬く熱くて、大きさも夫のより大きい、くわえてしまいました。



「気持ち良い、気持ち良いよ、お母さん、出ちゃう、出ちゃうよ」



1分も経たない内に口の中に発射してしまい



「お母さん、ごめん、」



「良いのよ、これで、若いんだもの、どうする、まだ硬いよ、後2回は大丈夫でしょ」



「俺、オナニーだけど一晩で5回出した事あるし、今日は何回でも、でも今のより気持ち良いんだよね、あそこって」



「私にはわからないけど、多分、オマンコのが気持ち良いと思うわよ、経験からしてお父さんも、お前のオマンコは最高だよって」



「良く恥ずかしく無いね、俺なんて言えないよオマンコだなんて」



「言ってるじゃない、オマンコはオマンコなの」



「俺、オマンコ舐めてみたい、こないだ触った時ヌルッとしててビックリして止めちゃたの」



「そうだったの、そのまま気持ち良くしてくれたら良かったのに、今日は時間も有るからお母さんは、上から順に責められたいわ」



私全裸になりベッドに仰向けに寝ました。



「良いわよ、大輔の好きなようにして」



おっぱいから触りだして



「柔らかい、乳首は硬くなってきた、舐めて良い」



乳首に吸い付いて来て、揉みながら、舌で舐め回しだして、私は声が出始めて



「大輔、上手よ、やったことあるでしょ」



「初めてだって、パソコンで一杯見てたし、」



大輔は一生懸命オッパイを責めてくれて、



「いいわ、大輔、気持ち良い、オマンコもお願い」



指先で触りだして



「凄い、こないだよりヌルヌルだよ、これがクリトリスでしょ大きいんだね」



「イレテ、イレテ、指で掻き回して」



大輔が指を差し込んで、



「温かい、締まって来た」「そのまま動かして」



大輔は指を上手に動かしてくれて



「イイ、イイ、もっと、もっと逝きそう」



「イク、イク、イク、イッチャウ」



1度目の絶頂を迎えて



大輔のオチンチンを掴んで、



「どうする、お母さんが入れてあげようか」



「やっぱり止めよう、赤ちゃん出来たら大変だよ」



「大丈夫よ、出来ないから安心して」



「なんで、わかんないでしょ、」



「大丈夫なの、薬のんでるから、大輔産んでからは妊娠してません、何回、何百回出されたことか、そんなこと考えてるからオチンチン小さく為ってきたよ」



オチンチンをフェラしてあげると、みるみる硬くなり



「お母さんに任せなさい」



上に股がり、ゆっくりと挿入すると



「これが中なんだ、包まれてる、気持ち良い、気持ち良いよ」



「いい、動かすよ、我慢しなくていいから、誰でも最初は早いから」



私も興奮していました、自分で締め付けいるのがわかるくらい



「お母さん、出る、また出ちゃう」



中に出されたのがわかりました、私も逝きそうで構わすに腰を振りました、



「イク、イク、お母さんもイク」



2度目の絶頂を迎えて、



「お母さん、俺で何人目?お父さん以外と一杯やってたでしょ」



「そんなこと無いわよ、童貞の子はお父さん以来、大輔の年の頃ならかなり居たけど、」



「えー、初体験いつなの、同級生の女も何人かしてるの知ってるけど」



「隠して嘘言うの嫌だし、お母さんは、中2の夏、初めては痛くて二度としないと思ったのに、中3からは気持ち良いの覚えて、やりまくり。お父さんと出会う前まで50人は居たかな、」



「いいの?俺に教えて、」



「お父さん最近してくれないの、こないだの土曜日で今年10回目、これからは大輔が週3してくれば、浮気は止めます」



「お母さん浮気してるの、他に男居るんだ」



「居ないわよ、たまに魔が差すの。」



「わかったよ、俺毎日でもいいよ。今日はあと3回」



今日で10日連続に成るかも、大輔も私も盛りの付いた猫みたいになっちゃって…

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

コメント

タイトルとURLをコピーしました