クラブ活動に行く男子高校生と密着できるように乗りこみました。

朝に主人を送り出して、


子供にはすぐに変えるからと留守番をさせ、


大急ぎで私も着替えて駅に向かいました。


下着は付けずに上は胸元の開いたブラウスを着て、


そして上のボタンはハズして行きました。


チョットかがんだり、


上から覗いたりしたら、


胸の谷間ははっきりと見える格好です。


下着を着けていないだけで、


こんなにエッチな気分になるとは思いませんでした。


前と同じ場所から電車に乗って、


今回はクラブ活動に行く高校生と密着できるように乗りこみました。


やはり高校生は私の胸から目をそらさずにずっと見ていました。

天才エッチ君のリンク集~東大生が選ぶ神エロサイト~

彼の物の反応を確かめようと、


手の甲を引っ付けるとそこにはもうギンギンになったものがありました。


私は迷いもなく、


彼の物を握り締めて、


しごいてあげました。


彼は私に何もしてくれないので、


私から彼の手を私のあひこに持っていき触ってもらいました。


ファスナーを下ろしてそこから彼を触っていると本当にいってしまったので、


さすがに私も慌てましたが、


その熱い精液が私の手にドクドクと出ていて、


私も感じずにはいられませんでした。


天才エッチ君のリンク集~東大生が選ぶ神エロサイト~
女性視点 人妻 熟女 若い男  痴漢  調教 露出 

コメント

タイトルとURLをコピーしました