【輪姦体験談】オナニー中に犯された私の肉体は快楽を求めてしまった

女子大に通う幸枝です。私はオナニー好きなんですが、実家に住んでいるので、家ではあまり大胆なオナニーは出来ません。そこで思いっきりオナニーしたい時は、夜、外でします。といっても露出オナニーとかではなく、絶対に人に見られないような所で、大胆に楽しむんです。その夜も、コンビニに行くといって外に出て、近くの工事中のマンションに入りました。夜間はもちろん人はいなくて、フェンスはあるものの出入りは自由でした。完成間近の、カーペットもきれいな一室に入り、明かりは外から入ってくるだけの暗い部屋で服を脱ぎ、床に寝ました。オナニーの時はいつもブラもショーツも着たままします。今は別れてしまった恋人とのセックスでも、 パンティーを履いたままで挿入されるのが何か、犯されているような興奮があって好きでした。その日も上下お揃いの純白の下着に白いソックスをはいたまま、胸を揉み、あそこに指を這わせました。どんどん濡れてきて、脚を大きく開いて、パンティーの脇から指を入れて、クリをさわり、あそこの中にも指を入れました。シーンと静まりかえった部屋で、クチュクチュという音が聞こえました。夢中になり、少し声も出ていたと思います。もう少しでいきそうになった時、突然誰かに足首を抑えられました。びっくりして目を開けると、若い男が二人いました。あまりにもオナニーに夢中になっていて気が付かなかったのだと思います。恐怖に顔が引きつり声を上げようとした瞬間、一人に口を抑えられました。そして手を頭の上で押さえつけられ、身動きが出来なくなりました。必死で抵抗しましたが、屈強な男二人の力には、どうすることも出来ませんでした。「犯される」と思い、私はパニック状態でした。「若い女が一人でこんなところに入っていくのが見えたから、何をするのかこっそりつけてきたんだ。そしたら、いきなり服脱いでオナニーを始めるんだから、びっくりしたよ。オナニーよりも生チンポの方が、ずっといいよ」と言ってパンティーを乱暴に剥ぎ取ると、それを私の口に押し込みました。一人が胸を鷲掴みにして乱暴に揉み、もう一人はクンニを始めました。最初あんなに怖かったのに、いつのまにか体が熱くなってきて、オ○コからジュースがあふれてくるのが判りました。「やっぱり、本物を入れてほしかったんだな」男が言うと、もう十分に濡れている私の中に入ってきました。パンティーでふさがれている口から、うめきが漏れてしまいました。男は激しく腰を動かし、もう一人も口のパンティーをとると、私の口の中に無理やり入れてきました。どちらのオペスも、前の彼よりもずっと大きく、犯されているというのに、これまで感じたことのない快感が襲いました。私に挿入していた男は、ペニスを抜くと、私のお腹の上に射精しました。中に出されなかったことで、少し安心しました。そうしてもう一人の男と交代すると、射精したばかりの半立ちのペニスを、私の口に入れました。半立ちだったものが、みるみる口の中で大きくなっていくのが判りました。そして、正上位やバックで何度も犯され、私も何度もいってしまいました。男たちが満足して立ち去った後、呆然としながらも脱がされたパンティーで精液を拭き取り、下半身はノーパンの上にスカートを履いて帰りました。その後も、私の外でのオナニーは続いています。あんな目にあったのに、どこかでもう一度犯されることを望んでいるのかもしれません。

この体験談で興奮した人にお勧め動画!


下校途中の仲良し女子校生3名を尾行し人気が無い場所で拉致、そのまま、野外で問答無用の凄惨なレイプ…。精神崩壊するまで散々犯しまくった後、仲間達を呼んで、終わる事の無い強姦地獄…。口、まんこ、アナルまで、おもちゃにされる女子校生達。胸糞注意の問題作です。 ※本編顔出し

コメント

タイトルとURLをコピーしました