【童貞体験談】隣の高校生がゲリラ豪雨で濡れてたので家に入れたら私の下着姿に興奮して…

スーパーの買い物帰りに、激しい夕立にあって、

急いでマンションのエレベーターに乗ると、

お隣さんの高校生の、らきあくん(仮名)が

ズブ濡れで立っていたんです。

「どうしたの?」と私が聞くと

「部屋の鍵忘れて入れない」って云うんです。

あんまりずぶ濡れで気の毒に思った私は

「じゃあ、家の人が帰ってくるまで、

うちの部屋に来る?」と思わず言ってしまったんです。

部屋に彼を迎え入れ、タオルを渡してから、

私も自分の部屋で濡れたブラウスとスカートを脱ぎました。

そしてブラとパンティだけの姿になって体を拭いていると…

部屋のドアがいきなり開いて、

ブリーフだけの姿になったらきあくんが、

コーフンしたいやらしい顔で入ってきたんです。

「ちょっと、ダメ!入ってきちゃ」そう云いつつも、

私の目は、らきあくんのあそこに釘づけになってしまいました。

ブリーフがまるでテントを張ったように、

その部分が盛り上がってるんです。

そして、らきあくんったら「◯◯さん、僕の筆おろしして!」

と云いながら、私の体に覆いかぶさってきたんです。

「何言ってるの」私はもちろん拒み彼から逃れようとしました。

でもらきあくんが「僕、前から◯◯さんのことを…。

初めては◯◯さんみたいな人がいいって思ってたんです!

と真剣なまなざしで言うのを聞いたら、

何故か抵抗する気が無くなってしまいました。

いつの間にか私の方から、らきあくんの頭を抱えるようにして、

唇を吸っていました。

お互いに激しく舌を絡めて長いキスをしたあと、

彼は私のブラもパンティも脱がせると、乳房を揉みながら、

アソコにも手を伸ばしてきました。

まるで初めてとは思えない指の動きで、

私のいやらしいあそこはすぐに濡れて、

もうぐちょぐちょになってしまいました。

らきあくんのブリーフを脱がすのももどかしく、

私は彼のペニスをくわえこもうとしたんですが…

「お、大きい・・」

大き過ぎて、口に入り切らないんです。

二十センチ以上は、確実にありました!

「こんなの入れたら、どうなるんだろう・・」と考えながら

この体験談で欲情した人に興奮動画を!


今回のガチナンパ!は街ゆく女子に筆下ろし交渉しちゃう無理を承知の夢企画!相手がイケメンだといつもより積極的になっちゃう?感度もテンションも爆上げ!緊張と興奮で暴発必至!初めてのオマンコ生挿入に童貞くんの腰振りが止まらない!フェラチオと言う口マンコに思わず暴発…イケメン童貞チンポに興奮して腰振りアクメ連発!

コメント

タイトルとURLをコピーしました