【強姦体験談】犯されるのに拒否してるの愛液が溢れ…

21歳の夏のこと
夜遅くバイト先からの帰り道 バスを降りて車の多い通りから静かな通りへ入ったところで 車が1台私を追い越して停まり 運転席側のドアが開く音がして誰かが降りてきました。私に用ではないかもと思いながらも何だか嫌な予感がして急いでその場から離れようとすると 後ろから呼び止められ腕を掴まれました。恐る恐る振り返ると50前後の男性が。
「乱暴はしないから車に乗って。ちょっと頼みがある」と言って名刺を渡してきました。安心させるつもりかもしれないけど 本人のものかはわからないし 断ろうとしたのですが 荒くはないけど断ることを許さない口調が怖くて 車に乗りました。車の中で 以前から私に目をつけ ていたと言われ 私は
「他に綺麗でスタイルのいい人はたくさんいるじゃないですか」と言ったのですが
「君がいいんだ」と。。
車は人気のない駐車場の隅へ行くと停まりました。男性は私の手を自分のズボンの中へ導きました。硬くなりかけたモノに私の手が触れると
「もっと触ってくれないか」とハァハァ言い出し 男性の空いているほうの手が 私の体を触ってきたのです。
やめてくれるように言うと
「俺が気持ち良くなったら解放してやるから続けて」と焦り気味に言うと 私の服の下から手を入れ直に胸を触ってきました。こねまわすように揉んだり乳首を摘んだり。。そうしているうちに男性は 助手席のシートを倒し 服をめくり上げると唇と舌で私の首筋や胸に吸い付いてきたのです。わざと音を立てて乳首を吸ったり執拗に舐めてきます。乳首は硬くなって男性に応え 感じまいとしても感じてしまう私。
「いやっ… だめぇ やめてぇ…」
「ほらほら 手が止ってるよ。俺を満足させるんだ」
男性の手がスカートの中にも入ってきて パンティの布越しに敏感な部分に指が触れました。
「あっ…」反応してしまったうえに 濡れてしまってることを確かめると 男性は私から離れ再び車を運転して着いたのはホテルの前。。無事解放されるためには着いていくしかありませんでした。
シャワーを浴びてベッドに横になると 男性が覆いかぶさってきて唇をこじ開け舌を絡めてきました。激しく舌を吸われ苦しくて横を向くと耳に首筋に そして胸に男性の唇と舌が這い 手は胸を揉んだりクリを弄んだり。。男性が私のアソコの中にゴツゴツした太い指を入れると クチュクチュという音とともに愛液が次々溢れてくるのです。男性は
「感じてくれてるんだね」と言って私の両脚を拡げると 私のアソコにそっと息を吹きかけるように
「前から君の体中を舐め尽くしたいと思ってたんだ」と言いました。怖さと息遣いに私の体がピクンとなり 次の瞬間 男性の唇と舌がクリを強く吸いました。
「ああぁっ…」両脚をしっかり掴まれ身動きがとれない中で 逝ってしまいました。でも男性はまだ私の股間から顔を離さず 今度は舌先でクリを転がし花びらも丁寧に舐めてアソコの中に舌を尖らせ入れてきます。熱い舌が這いまわり 溢れる愛液を舐め取るようにされるとまた愛液が溢れ。恥ずかしさと快感にたまらずイヤイヤをしても男性は悦ぶばかり。四つん這いにされ後ろから舐められると頭の中が真っ白になっていき
「あぁん いいっ…」喘ぎ声を止められなくなり もっと快感を求めようと男性の顔にアソコをこすりつけている私がいました。男性も私の体を離すまいと腰を掴んで
荒い息をしながら私の名前を呼び花びらごと音を立てて何度も強く吸い私は
「あああ いやぁっ 逝っちゃうっ」大声を上げてまた逝ってしまいました。そして仰向けにされ 体が思うように動かないところへ男性のモノが入ってきました。。ハッと我に返り抵抗しようとしたのですが押さえつけられてるうえに 愛液と唾液で充分に潤った私のアソコは素直にそれを受け入れてしまい。男性が私の耳元で
「あぁ嬉しいよ舞ちゃん」と囁いて腰を動かし始めました。。しばらくして動きが速くなり荒い息をしながら
「あぁっ 舞ちゃん愛してるよ うぅっ…」と声を上げ 私のお腹の上に射精されました。中に出されなくて少しホッとしたのだけど。。
私が引っ越すまでの1年半の間 お食事やカラオケに誘いにきました。すぐに仕事や家を変えられなかったから 危ない目にあいたくなく 断ってばかりもできず着いていき たまにホテルへ着いて行くことも。でも
男性のモノを入れられることはほとんどなく 私の体中舐めまわすことで悦んでいました。


強姦魔たちにとって大人しそうで抵抗しない美少女は性欲を満たす最高のご馳走!「泣いても止めないからね。」微力ながら抵抗しても逃げられない現実!全てを味わい尽くし卑劣に犯す!「いやっ!やめてっ!中にだけは出さないでっ!」欲望の赴くまま小さなマンコに精液を注ぎ込む!被害者12名! ※本編顔出し

コメント

タイトルとURLをコピーしました