【不倫】39歳人妻です…息子の野球少年団の合宿でコーチと…

私は39歳の主婦、玲子。夫と一人息子の翔太とともに、穏やかな日常を送っていました。しかし、家事や子育てに追われる日々の中で、自分の時間を持つことの大切さを感じていました。そんな折、息子の野球少年団の合宿に保護者として参加することになりました。自然豊かな環境で過ごすことが、私の心と体に新たな活力をもたらしてくれると思ったのです。

山間の宿泊施設に到着したその日、他の保護者たちと共に子供たちの夕食を手伝い、にぎやかな時間を過ごしました。夕食後、子供たちは早めに就寝し、大人たちは混浴の露天風呂でリラックスすることにしました。

混浴の露天風呂に浸かりながら、私は心身の疲れが溶けていくのを感じていました。ふと背後から声が聞こえました。「玲子さん、一人でリラックスしているの?」

振り返ると、夫の友人であり、翔太の野球少年団のコーチでもある圭介が立っていました。彼は夫の大学時代の友人で、穏やかで優雅な物腰が魅力的な男性でした。「ええ、少し一人でゆっくりしたくて」と答えると、圭介は微笑みながら「僕も一緒に入ってもいいかな?」と尋ねてきました。私は少し戸惑いましたが、彼の穏やかな笑顔に安心し、一緒に温泉に浸かることにしました。

露天風呂に浸かりながら、私たちは自然と会話を始めました。合宿のことや、翔太の成長について話すうちに、私の心は次第に温かくなりました。圭介の優しさと誠実さに触れるたびに、私の中で何かが揺れ動くのを感じました。

「星が綺麗ですね」と私が言うと、圭介は「本当にそうですね」と答え、私の手をそっと握りました。その瞬間、彼の温もりが私の手に伝わり、全身が熱くなるのを感じました。「玲子さん、あなたは本当に魅力的な女性ですね」と圭介が囁きました。その言葉に、私は一瞬戸惑いましたが、同時に心が温かくなるのを感じました。

「ありがとう、圭介さん。でも、私はただの主婦ですよ」と答えると、彼は微笑んで「それでも、あなたの魅力には抗えないんです」と言いました。その言葉に、私の心はますます揺れ動きました。彼の真剣な瞳に見つめられると、私の中で抑えていた感情が次第に溢れ出しました。彼の手が私の頬に触れ、その温もりに心が震えました。

次の瞬間、彼の唇が私の唇にそっと触れました。全身が震えるような感覚に包まれ、私の心臓はさらに激しく鼓動しました。圭介の手が私の背中を優しく撫でるたびに、全身が熱くなりました。彼の温もりと愛撫に包まれながら、私は次第に理性を失い、彼に身を委ねました。

圭介の手が私の体を優しく愛撫し、私の全身が彼の手のひらの温もりを感じました。彼の手が私の胸に触れた瞬間、全身が震えました。彼の優しい手つきが、私の体の隅々まで感じさせました。

彼の手が私の胸を優しく撫でながら、私の体は次第に熱くなり、息が荒くなっていきました。全身が彼の手の温もりと愛撫に包まれ、その快感が私の心と体を満たしていきました。

「圭介さん、もっと…」と私は囁きました。

圭介はさらに熱くなり、私の体を優しく抱きしめながら、私の胸元に唇を寄せました。その瞬間、全身が震え、私は息を詰めました。彼の唇が私の肌に触れるたびに、全身が痺れるような快感が広がりました。

私の心は、禁断の領域に足を踏み入れたという罪悪感と、抗えない欲望との間で激しく揺れ動いていました。夫や息子への申し訳なさが心の隅にある一方で、長い間感じたことのなかった生々しい興奮が私を支配していました。圭介の手のひらが肌に触れるたびに、その興奮はますます強くなっていきました。

「圭介さん、あなたの手が…もっと感じたい…」と私は囁きました。

圭介は私の体をさらに引き寄せ、私の胸に優しく唇を押し当てました。その瞬間、私の全身が再び震えました。彼の唇が肌に触れるたびに、私は自分の内側で目覚める情熱を感じ、全身が熱くなっていきました。

彼の手が私の背中を撫で下ろし、腰に回り、私は彼の腕の中で身を任せました。彼の手の動きが次第に大胆になり、その触れ方に私はさらに興奮しました。彼の手が私の太ももに触れ、その温もりが私の内側まで届きました。

「玲子さん、君を感じたい…」と圭介が囁きました。

その言葉に、私の心臓はさらに激しく鼓動しました。彼の手のひらが私の体を包み込むたびに、私は彼の愛情と欲望を感じました。私たちの体が一つになる瞬間、私は全ての抑制を解き放ち、圭介に身を委ねました。

彼の愛情が私の心と体を満たし、性的絶頂に達した瞬間、全身が震え、私は声を上げました。全ての感情が解き放たれ、私たちの体と心は一つになりました。圭介の手が私の背中を優しく撫でるたびに、私はさらに深く彼の愛情を感じました。全身が彼の温もりに包まれ、その快感が私を支配しました。

「圭介さん…」と私は囁きました。

「玲子さん…」と彼は応えました。

私たちはしばらくそのまま抱きしめ合い、静かな時間を共有しました。彼の手が私の体を優しく撫でるたびに、私は再び彼の愛情と熱意を感じました。私たちの関係は一線を越え、特別な絆が生まれました。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)


息子の野球チームの祝勝会のはずが、まさか中出し乱交パーティー!?妻が寝取られるとは!僕が行けなかった祝勝会のビデオが見つかった…。そこには妻と知り合いの父兄たちとの卑猥な映像が!私とのSEXでは見せた事がない、何度もイキまくり快楽を愉しむ妻の姿にウツ勃起…。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました