【不倫】家族ぐるみでおつきあいをしている旦那さんの蕩けるような愛撫で…

ご近所に家族ぐるみでおつきあいをしている、Mさん一家がいます。

ご主人、奥さん共に私より5歳年上で、

一人っ子だった私は姉夫婦のような感じで慕っておりました。

ご主人は子煩悩でマメな方で、

自分の主人と比べると差がありすぎ、

正直それが原因で私たち夫婦は不仲でした。

どうしてもMさんのご主人と比べてしまうからです。

それで、とうとう離婚する事にしました。

離婚の際に奥さんは「相談に乗るよ」って言ってくれましたが、

「ご主人が羨ましいから離婚する」なんて言えませんでした。

離婚して1年が過ぎ、私はパート先である男性と知り合い、

おつきあいし、再婚を意識するようになりました。

そんなある夜、私の家にMさんのご主人が一人で訪ねてきました。

「話があるんだ」

Mさんは、私のことを以前から好きだったこと、

私が離婚するのを知って自分も奥さんと別れて

プロポーズしようと考えていたこと、

しかしそれも私におつきあいする男性が現れて

諦めなくてはいけなくなったことを話してくれました。

奥さんのことあんなに愛していらしていたMさんが、

私のことをそんな風に想ってくれていたなんて意外でした。

私はMさん抱きついていました。

「私、まだ独身だから・・・・」

子供が2階で寝ているのも気になりませんでした。

Mさんはあっという間に私を全裸にして愛撫をはじめました。

「あああ・・・・いい」

とろけるような愛撫、私のクリを吸う絶妙なリズム。

そして挿入・・・・。

私の快感の波に合わせて“ずん”、また波が来たら

“ずん”そのタイミングがまた最高なんです。

(奥さんはこんなSEXを毎回してもらっているんだ・・・。)

結局私は彼が絶頂に達するまで、

都合小さいの4回と大きいの2回イッてしまいました。

もっと驚いたのは、Mさんのペニスが意外に小さかったことでした。

しかもちょっと包茎気味。

前の主人、今の彼と比べてもやや小さめなんです。

でも、こんなに良かったの私の男性経験の中でも初めてでした。

私、そのちっちゃいペニスが愛おしくなって、いっぱい頬張っちゃいました。

今の彼と再婚するまで、離れられそうにありません。

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)


懐かしくも甘酸っぱい、性の記憶。昭和のセックス物語。セピア色の猥褻物語がたっぷりと詰まった総集編。襦袢を解けば、そこには想像以上のエロチックな女体が顔を覗かせる。娯楽といえば男女の夜の生活しかなかったあの頃…。6話収録。

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

愛撫の極意については、パートナーとのコミュニケーションと相手の反応を細かく観察することが重要です。以下にいくつかのポイントを挙げます。

1. コミュニケーション
話し合い: 愛撫に関しては、パートナーとのコミュニケーションが非常に重要です。お互いの好みや嫌いなことをオープンに話し合うことで、より良い関係を築くことができます。
フィードバック: 直接的なフィードバックだけでなく、相手の身体の反応や表情を観察し、どのような触れ方が好ましいのかを理解することも大切です。
2. ゆっくりとしたリズム
焦らない: 愛撫は急がず、ゆっくりと行うことで相手の感覚を高めることができます。焦らずに時間をかけて、徐々に刺激を与えることが効果的です。
変化をつける: 同じリズムや同じ場所ばかり触るのではなく、変化をつけることで飽きさせず、より楽しめる愛撫ができます。
3. 全身を意識する
多様な場所を愛撫: 首筋、耳、背中、手足など、全身を意識して愛撫することで、相手の感覚を高めることができます。特に、相手が普段あまり意識していない部分を優しく触れることで、新たな快感を与えることができます。
感度の高い部分: パートナーの感度が高い部分を見つけることも重要です。これは個々人で異なるため、パートナーと一緒に探索する楽しみもあります。
4. 手技と口技のバランス
手の使い方: 手のひらや指先を使って、やさしく撫でる、押す、揉むなど多様な手技を試してみましょう。
口と舌の使い方: キスや舐める動作も効果的です。特に唇や舌を使って、相手の敏感な部分を優しく刺激することが、強い快感を引き出すことに繋がります。
5. 呼吸と声の使い方
息遣い: 相手の耳元でやさしく息を吹きかける、囁くなど、呼吸の使い方も愛撫の一環として非常に効果的です。
声のトーン: やさしく囁いたり、感謝や褒め言葉を伝えることで、相手の気持ちを高めることができます。
6. 心のつながり
感情の共有: 愛撫は身体的なものだけでなく、心のつながりも非常に重要です。お互いの感情を共有し、愛情や安心感を伝えることが、より深い快感につながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました