【不倫】保育士です…園児の父親に乳首を舐められると…

私は認定保育園で保育士をしてます。もう5年くらい前の話です
名前は麻美です
ある日、園児一人だけいつになっても迎えに来ませんでした。その日は園長は出張でいなく
他の先生方も帰り私と園児と主任の3人だけになりました」
主任「困ったはね」
私「〇〇先生私残りますからいいですよ」
主任「旦那の両親遊びに来てるからいいかしら」
私「はーい」
主任「じゃあ戸締りとセキュリティセットだけお願いね」
私「分かりました」
保育主任は帰った
そのうち園児は寝てしまった、そして20時過ぎになり父親が迎えに来た
父親「遅くなりすみません」
私「こういうことは困ります、これから気を付けてください」
父親「すみませんでした」
そして戸締りしてセキュリティセットして一緒に保育園を出た
私「歩きですか」
父親「出張先から真っすぐ来たので」
私「〇〇くん寝ちゃったしよかったら私の車で送りますよ」
父親「すみません」
そして園児の家まで送り駐車場に車止めて私が園児を抱っこして家の中へ
父親「この部屋に寝かしてください」
そして寝かした
父親「ありがとうございました、お茶でもどうですか」
私「いただきます」
お茶出してくれた
私「お母さんは見つからないですか」
父親「はーい」
この園児の母親は置手紙おいてある日いなくなった
私「もう1年になりますよね」
父親「探してはいるですけど」
私「でも〇〇くんは大きく成長しましたね、再来月には小学生だしきっと帰ってきてくれますよ」
そんなこんな話してると園児が起きてきた
園児「あれせんせいどうしたの」
私「おくってきてあけだんだよ」
園児「そうなんだせんせいありがとう、パパお腹空いたよ」
父親「お弁当買ってくるか」
園児「先生も一緒に食べようよ」
父親「よかったらぜひ」
私「そうですか、〇〇くんこのことは内緒だよ」
園児「うん」
そして3人でコンビニに行き弁当買ってきて食べた、園児はごはん食べると父親と風呂に入り寝てしまった
その間私はキッチンを片付けてあげた
父親「すみません」
私「いいですよ」
すると父親は私の後ろから抱き締めてきた
私「ききゃあ・・」
父親「先生の事好きなんです」
私「だからって駄目ですよ」
服めくられブラをずらされて乳首触ってきた、私は乳首か弱い、乳首だけでもいっちゃうときある
私「ああああ・・ぁぁ・・・・ぁぁ・・・ぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・・気持ちいい・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・・」
私もご無沙汰だったから興奮してきた
振り向かされディープキス舌を絡まさせあいジャージだった私は父親の手は一気にズボンそしてパンティーの中に入りクリトリス撫でてながな乳首舐めてきた
父親の名前は雄吾
私「あああ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁ・・ぁぁ・・・気持ちい・・ぁ・・ぁぁ・・ぁぁ・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁ・・ぁぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・ぁ・・ぁ・・・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・いく・・・・」
いってしまった
雄吾は私の下を脱がして片足をあげクンニしてきた
私「あああ・・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・・ぁ・・・気持ちいい・・・ぁぁ・・・ぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁ・・・ぁ・・いく・・・」
いってしまった
私「あああ・・・・ぁぁ・・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・ぁ・・・ぁ・・・いく・・・」
いってしまった
雄吾は私の手をとり寝室へ、裸になりベットへ私は雄吾のチンポをしゃぶってしまった
父親「先生気持ちいいでよ」
私「名前で呼んで麻美って」
父親「麻美のまんこも舐めさせて」
69になった
父親「あああ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁ・ぁ・・ぁ・・ぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁぁ・・・ぁ・・」
そしてバックでまんこにチンポ突っ込んだ
私「あああめ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・・気持ちいい・・・ぁ・ぁ・・ぁ・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・だめ・・・いく・・・」
いってしまった
立バックになると雄吾は私の両腕をとり激しく突いてきた
私「あああ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁ・・・だめ・・・いく・・・・」
いってしまった
騎乗位になると私は自ら激しく動いた
私「あああ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁ・・ぁ・・・ぁ・・・気持ちいいチンポ気持ちいい・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・・ぁ・・・いく・・・・」いってしまった
雄吾は下から激しく突いてきた
私「あああ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁ・・・そんなに激しくしたらまたいっちゃうよ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁ・・ぁぁ・・ぁ・・ぁ・・・いく・・・・」
いってしまった
正常位になり
父親「もう出そうだよ」
私「中らちょうだいほしいの・・・・・私もいく・・・・・」
同時に果てて中だし
私「気持ちよかった」
父親「俺もです」
朝方まで4回エッチして私は帰宅した、それから園児が寝た後家に訪れては雄吾とエッチするようになった
卒園式まじかになり
雄吾「この4月の人事で北海道に異動になるだ」
私「じゃあ〇〇くんも」
雄吾「うん」
私「そうなんだ」
雄吾「麻美も一緒に来てくれないかぁ」
私「いいの」
雄吾「言ってなかったけど妻とは離婚が成立したんだ」
私「居場所わかったの」
雄吾「うん、刑務所に入ってた、覚せい剤で」
私「そうなんだ、すぐにはいけないけど私も北海道に行く」
雄吾「待ってる」
そして卒園式が終わり雄吾と園児は北海道へ引っ越した
私は退職届を出し受理され4月いっぱいで辞めることにした、有給とかも残って為4月の後半は休みだった為荷物を整理し雄吾のところにいった
子「あれ麻美先生どうしたの」
私「遊びに来たよ」
子「やたぁ、裕太ね1年2組なんだよ」
私「そうなんだ、学校楽しい」
子「うん、好きな女の子もいるよ」
私「すごいね」
その晩雄吾から裕太に話した
雄吾「麻美先生はこれから裕太のママらなるだよ」
子「ママになるの」
私「裕太君よろしくね」
子「うん、先生のこと大好きだからいいよ」
私「ありがとう」
その日初めて家族風呂に行き3人で風呂に入った、そして裕太が寝た後久しぶりに雄吾とエッチした
私「あああ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・ぁ・・ぁぁ・・ぁぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・気持ちいい・・ぁぁ・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁぁ・・ぁぁ・・ぁ・・ぁぁ・・・・ぁ・・・いく・・・・・」
いってしまった
5月の連休中に荷物を運び出した、雄吾も裕太も手伝いに来てくれた
そして6月の私の誕生日に雄吾と入籍した、今は一人子供が増え、お腹の中には新しい命が
宿ってる8月に生まれる予定
裕太は5年生になりました、私は北海道の認定保育園でパートとして働いてます

この体験談で濡れたらこの動画!!(広告)


母親気取りで上がり込んだ美熟女にちょっと強引にキス!口説いて、押し倒して、まさかの濃密セックス!!熟女大好きな若手生保マンが天職とばかりに同行営業中の生保レディを喰いまくる!心の準備もする暇がないおばさんが、驚き、恥じらい、受け入れてしまうまでの一部始終を部屋中に仕込んだカメラでジックリ隠し撮り!!

人気急上昇!興奮のエロ動画はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました